犬 爪 放置

危険?骨折?犬の爪を放置すると大変なトラブルに?

 

犬を飼っていると、シャンプー、ブラッシング、耳掃除など
犬の体のケアが必要です。

 

では犬の爪はどう処理したらいいのでしょうか?

 

実は犬の爪をのばしたまま放置すると、とても危険なんです。

 

ここでは犬の爪のケアについてまとめました。

 

どのくらいの頻度で愛犬の爪を切っていますか?

 

 

犬の爪切りは必要ない、という方もいますが、
私は必要と考えています。

 

犬を散歩に連れていくと、自然に爪は削れますが、
犬により歩き方の癖があります。

 

歩く距離も犬により違いますから、散歩だけでは
爪が十分に削れないことがあります。

 

そのため月に1回程度は愛犬の爪を切るのがいいです。

 

また散歩の量が少ない室内犬は、削れる爪の量が
少ないですから、月1回は必ず爪をチェックして切ってあげましょう。

 

切らないとどうなる?犬の爪を伸ばしたままにする危険

 

 

犬の爪を切らず、放置したままにするとこんな危険があるのです。

 

巻き爪になる

 

人間と同じで、犬も爪を放置すると巻き爪になってしまいます。

 

肉球に食い込む

 

犬の爪は巻くように伸びているので、切らずに
そのままにしていると爪が肉球に食い込んでしまいます。

 

爪で自分の体を傷つける

 

犬が自分の体を足でかいたとき、爪が伸びていると
肌を傷つけてしまいます。

 

神経や血管が伸びてしまう

 

犬の爪には神経や血管が通っています。爪を放置すると
自然と神経や血管も伸びてしまいます。

 

そのため爪を切る際に犬が痛い思いをしてしまいます。

 

狼爪をご存知ですか?

 

 

狼爪(そうろう)と読みます。

 

犬の前足の内側に地面につかない爪がありますよね。
それが狼爪です。

 

ブリーダーが子犬の頃に狼爪を切除する場合もありますが、
そうでない場合は、あなたのワンちゃんにもありますよね。

 

狼爪は地面につかないため、削れることはありません。

 

だから飼い主さんが切ってあげないと、伸びっぱなしになってしまいます。

 

伸びた狼爪で自分の体や人を傷つけたり、狼爪自体が
折れてしまうことがあるので、気をつけてみてあげてくださいね。

 

黒い爪のワンちゃんに爪切は要注意!

 

 

盲導犬パピーウォーカーをやっていた時、チョコレートの
ラブラドールを預かっていました。

 

爪の色は黒に近かったのですが、爪が黒い犬の場合、
爪の中の血管がよく見えません。

 

早めに切れば問題ありませんが、爪が伸びてから切ると
血管も切ってしまうので、犬が痛がりかわいそうです。

 

もし黒い爪が伸びすぎてしまったら、少しずつ切っていき、
切断面がじわっと湿ってきたところで切るのをやめましょう。

 

犬が爪切りをきらいにならないように

 

 

上手な人が爪を切ると犬は抵抗しませんが、
一度爪切で痛い思いをすると、爪切がきらいになってしまいます。

 

そうなると爪を切ろうとすると嫌がります。

 

なるべくいたい思いをさせないように、こまめに切るように
してあげましょうね。