ラブラドール 費用

えっ!?そんなに高い?ラブラドールの飼育費用は一体いくら?

 

盲導犬、災害救助犬など使役犬として活躍する一方、
従順で穏やかな性格からペットとしても人気のラブラドール。

 

大型犬としてはゴールデンとならんで人気が高い犬種です。

 

ラブラドールレトリバーの購入費用はこちらのページで解説しています。

 

でも犬は買って終わりではありません。ラブラドールの平均寿命は13歳弱。

 

そこまで育てていくにはそれだけの費用がかかります。

 

ラブラドールの飼育費用はどのくらいかかるのか、計算してみましょう。

 

ラブラドールレトリバーの飼育費用は?驚愕の数字が!?

 

 

初期費用

 

ラブラドールレトリバーの子犬を迎えるにあたって
最低限必要なものは以下の通り。

 

  • ハウス(室内用)
  • 首輪、リード
  • 食器
  • トイレシート
  • おもちゃ
  • 爪切り、ブラシ、耳そうじ棒などケア用品

品質にもよりますが30,000円ほどでそろえられるでしょう。

 

必要なら車内で使うマットなども用意します。

 

また畜犬登録、予防接種、健康診断に30,000円程度かかります。

 

毎日かかる費用

 

 

毎日かかる費用には

 

  • ドッグフード代
  • トイレシート代

があります。

 

ドッグフードは内容により、金額が大きく異なります。

 

安価なドッグフードから、最近人気のプレミアムフードまであり、
価格差はとても大きいです。

 

ここでは食費に月5,000円、おやつに1,000円と計算します。

 

トイレシートは月1,000円程度が必要です。

 

年にかかる費用

 

 

毎年かかる費用としては

 

  • 狂犬病予防接種費用
  • ワクチン接種費用
  • フィラリア予防薬費用

さらに定期健康診断、ノミ・ダニ予防薬の費用も
加えると、年間30,000円〜50,000円が必要です。

 

臨時または随時必要となる出費

 

 

  • トリミング代
  • 医療費
  • しつけ教室費用
  • 避妊手術、去勢手術費用
  • ペットシッター、ペットホテル費用
  • 壊された家具の修理、新調費用
  • ペット保険料

人によっては必要ないものもあるでしょうが、
犬を飼うとこれらの費用も念頭に置く必要があります。

 

特に交通事故にあった、大きなけがや病気をしたなどの場合の
医療費は高額になることが予想されます。

 

医療費を支払ってくれるペット保険料の検討もしたほうがいいですね。

 

まとめ:犬を飼うなら10年見越して支出の準備を

 

 

ラブラドールレトリバーの子犬を約200,000円で購入し、
その後平均寿命の約13歳まで育てていくには、かなりのお金がかかります。

 

病気やケガの多い少ないやフードの質にもより、正確な額を
出すことはむずかしいですが、ラブラドールと充実した時間を
過ごすためには必要な出費です。

 

ただかわいいだけでは犬を飼うことはできません。

 

責任と覚悟をもって犬を飼うことを考えましょう。