ラブラドールレトリバー 口臭

ラブラドールレトリバーの口臭がひどすぎ!?原因は?対策はある?

 

賢く、人が大好きで、穏やかな性格のラブラドール。

 

盲導犬のイメージが強いですが、家庭犬としても大人気。
大型犬の中ではゴールデンと人気を二分しています。

 

愛犬のラブラドールと触れ合っていて「あれ?口がくさいかも?」
と感じたことはありませんか?

 

虫歯なのか、それとも体調が悪いのか、気になりますよね。

 

そこでラブラドールレトリバーの口臭の原因、対策について調べました!

 

他の犬種でも役に立ちますよ。

 

愛犬のラブの口がくさい!?考えられる3つの原因

 

口がくさいといっても、原因は1つとは限りません。

 

考えられる3つの原因をご紹介します。

 

歯周病、歯石など

 

 

人の口と同じように歯周病や歯石があると
犬の口もクサくなります。

 

食べ物のカスが歯と歯の間に残ってしまうと、
雑菌が繁殖してしまいます。

 

また歯磨きが不十分だと歯石として残ってしまい、
歯周病が進行します。

 

歯ぐきが炎症を起こし、その結果口のニオイが強くなります。

 

内臓の調子がよくない

 

 

人の場合、消化不良、胃炎、逆流性食道炎、十二指腸潰瘍など
内臓の疾患や不調のため口臭がすることがあります。

 

同じように犬も胃や腸の不調が口臭の原因になっていることがあります。

 

また体内の毒素の解毒をする腎臓、肝臓が悪く、通常は
体外に排出されたり分解される物質が体内にたまり、
口臭がすることがあります。

 

ドッグフードも口臭に関係

 

 

ほとんどの安価なペットフードには香料、着色料、
合成保存料などの人工添加物が入っています。

 

添加物がたっぷり入ったフードを食べていると
犬の口臭はきつくなります。

 

また劣化したフードを食べている場合も口臭はします。

 

ラブラドールの口臭を改善するためにできる3つのこと

 

 

ラブラドールの口臭の原因がわかったところで、
次は対策を解説していきますね。

 

歯磨き、歯石の除去をする

 

 

歯周病や歯石が原因の口臭の場合、デンタルケアをします。

 

普段飼い主さんができることは歯磨きです。

 

ただ犬の歯磨きをするのは大変です。
私もパピーウォーカーをやっていた時、結構苦労しました(^^;

 

多くの動物病院で歯磨き教室を開催しているので、
そこに参加してデンタルケアを学ぶのがいいでしょう。

 

また髪が気ができる犬用ガムやデンタルケアができる
おもちゃを犬に与えるのも有効です。

 

すでに付着した歯石をとるには動物病院での
スケーリングが必要です。家庭でやるのは大変です。

 

麻酔をする場合としない場合があるので、事前に
獣医師と相談して決めてくださいね。

 

フードを替える

 

 

ドッグフードを替えることで口臭が改善することがあります。

 

無添加のドッグフードを選ぶのがいいです。

 

また本来肉食の犬の体に合った動物性タンパク質メイン、
穀物不使用のフードを食べさせることで消化がよくなり、
口臭や体臭が改善することが多いです。

 

動物病院で受診

 

 

内臓の不調や疾患で口臭がする場合は治療が必要です。

 

早めに動物病院に相談しましょう。

 

口臭程度、と考えず早めに対応するのがいいですね。

 

まとめ

 

 

ラブラドールのような大型犬より小型犬の方が
口臭はするといわれています。

 

とはいえデンタルケアを怠ったりフードが悪いと、
大型犬のラブラドールも口がくさくなります。

 

スキンシップにも影響します。

 

まずは歯磨きの習慣から始めてみてはいかがでしょうか・