ラブラドールレトリバー カフェ

ラブラドールレトリバーとドッグカフェへ!知っておきたいマナー

 

愛犬のラブラドールを連れてドッグカフェに行きましょう!

 

普段と違う雰囲気で違うものを食べさせることができますし、
ドッグラン併設のカフェだったら、思いっきり走らせてあげられます。

 

でもカフェやドッグランのような公共の場所に犬を連れていくには、
それなりのマナーを知って身につける必要があります。

 

他の犬とトラブルになった際、ラブラドールのような大型犬は
どうしても悪者にされがちです。そんなことを避けるためにも
知っておきたいマナーがあります。

 

 

ドッグカフェなど公共の場に犬(ラブラドール)を
連れていく際のマナーについて調べました。

 

ドッグカフェ?犬同伴可のカフェ?どう違う?

 

 

ドッグカフェは犬を同伴できて、犬用のメニューが
用意されているカフェのことです。

 

ドッグラン併設のドッグカフェも多いです。

 

それに対し犬同伴のカフェの場合、犬専用にメニューや
サービスはないかもしれません。

 

どちらに愛犬を連れていくにしても、他の人や犬と
接するので必要なマナーは身についておきましょう!

 

ドッグカフェデビューの条件は?どこまでできればOK?

 

 

  • アイコンタクト、おすわり、待て、伏せなどができること
  • 他の人や犬に慣れている
  • トイレトレーニングができている

 

伏せ(ダウン)の姿勢はカフェ内で必要なので、
ぜひ身につけておきたいところ。

 

他の犬に慣れている、というのが一番むずかしいかもしれません。
散歩中に知り合った方の犬と触れ合うなどして、他の犬と
仲よくできるようにしておきたいですね。

 

予防接種、ブラッシング、ノミやダニの処理など
ドッグカフェ、ドッグランに行く前は済ませておきましょう!

 

またトイレを済ませてから入店します。

 

なお生理中(ヒート中)のメス犬がお店に行くのはやめましょう。

 

楽しく過ごすために!ドッグカフェに入ったら

 

 

店内ではリードをつけて、伏せ(ダウン)の姿勢で待たせます。

 

人用の椅子には座らせないでくださいね。

 

食事は犬用のメニューを食べさせ、人の食事や
飲み物は与えないように。

 

入店前にトイレを済ませたとしても、万が一のこともあります。
おしっこやウンチをした場合、片づけられるようにウエットティシュー、
ビニール袋などは用意していきましょう。

 

まとめ

 

 

犬に人間社会のルールを教えるために、いろいろな場所に
連れていくことはとてもいいことです。

 

犬用のメニューが充実したドッグカフェも多くなったので、
ぜひ愛犬を連れていって楽しい経験をさせてあげましょう。

 

飼い主さんも犬との新たな時間の過ごし方が見つかるはずです。

 

ルールを守って楽しい時間を過ごしましょう。