ラブラドール 生理

ラブラドールが初めての生理(ヒート)!?発情期に気をつけることは?

 

うちで盲導犬のパピーウォーカーをやったとき、
預かったラブラドールはメスでした。

 

1歳まで預かるボランティアなので、犬の生理(ヒート)が
あったのは1回だけでしたが、ペットとしてメス犬を
飼う方はずっと生理を付き合っていく必要があります。

 

ラブラドールレトリバーの生理(ヒート)について調べました!

 

周期、期間、飼い主さんが気をつけることなど解説します。
他の犬種でも役に立ちますよ。

 

初めての発情期はいつ?妊娠できるようになるのは?

 

 

犬の生理はヒートとも呼ばれ、いわゆる発情期のことです。

 

生理が来たということは性的に成熟して、その時期に
交尾をすると妊娠・出産ができるということですね。

 

犬の初めての生理は通常生後6ヵ月〜10ヵ月にくる
と言われています。でも中には1歳を過ぎてからと言う子もおり、
個体差が大きいです。

 

一般的に小型犬の方が生理が早く、中型犬・大型犬は
遅い傾向があります。

 

うちで預かっていたチョコラブは生後10ヵ月弱で初めての
生理がありましたが、姉妹のラブラドールはもう少し早くありました。

 

生理(ヒート)の期間はどのくらい?

 

 

  • 発情前期:約10日間
  • 発情期:約10日間
  • 発情後期:約2か月間

発情前期は生理が始まる準備期間で、
陰部からの出血が始まります。

 

発情期は出血量が少なくなり、オス犬を
許容するようになります。

 

散歩中に他のオス犬が寄ってくることがあるので、
心配な方はこの期間の散歩は控えましょう。

 

その後発情後期になり、卵子に受精する能力が
なくなると体は通常の状態に戻ってきます。

 

ラブラドールレトリバーの発情期の周期は?1年に何回?

 

 

犬の生理は一般的に小型犬で年2回。

 

ラブラドールのような大型犬は生理は1年に1回です。

 

ただし発情期にも個体差があります。

 

日照時間の関係で春と秋に発情期になりやすい
という説があるのですが、本当でしょうか!?

 

高齢犬でも生理はある?人間のように閉経はある?

 

 

人間の女性と違い、メス犬には閉経はありません。

 

生理が終わることはありません。

 

ですが高齢になると生理と生理の周期が長くなり、
出血量も少なくなるようです。

 

犬の生理中に注意することは?おむつ、散歩、食事はどうする?

 

 

生理期間中は犬は食欲もなくなり、寝ていることも多いので、
心配になります。私もパピーウォーカーのときには「大丈夫かな?」
と心配でしたが、そっと見守ることにしました。

 

おむつをすると出血による汚れを防いでくれますが、いい値段が
しますし、おむつを嫌がる子もいます。

 

うちではおむつを使わず、汚れはふき取っていました。

 

とりあえずおむつを着用させて、様子を見て柔軟に対応しましょう。

 

 

この期間、散歩は控えるのがいいでしょう。
ドッグラン、ドッグカフェなど、他の犬と一緒になる場所にも
行かない方が賢明です。

 

普段食いしん坊で大食漢のラブラドールですが、
うちにいた子は生理中は食欲がかなり落ちました。

 

だから量を減らしてあげていました。
ムリに食べさせず、犬の好きなように食べさせればいいと思います。

 

生理中のシャワーはOK?

 

 

生理中のシャワーをすることは問題ありません。

 

通常通りでいいでしょう。

 

他の犬と顔を合わせることになるペット美容室ではなく、
自宅で洗ってあげる方がいいですね。

 

避妊手術はどうする?

 

 

避妊手術を受けることで望まない出産を防ぐことができます。

 

費用は30,000〜50,000円。補助金を出している
自治体もあるので問い合わせてみましょう。

 

卵巣腫瘍、乳腺腫瘍など性ホルモンが関係する病気の
発生率を抑えることもできます。

 

避妊手術のメリット、デメリットについてはこちらのページ
詳しく解説しています。

 

まとめ

 

 

元気がなくなったり食欲がなくなったり、とヒート中は
いつもの様子が違うので、つい心配になってしまいます。

 

でもその期間が終わればまたいつもの元気なラブにもどります。

 

まめに掃除をするなどして、愛犬がゆったり落ち着いて
過ごせるよう配慮してあげましょう。