ラブラドールレトリバー 値段

ラブラドールレトリバーの値段は?人気犬種は高額?

 

大型犬としてゴールデンとならんで人気のラブラドール。

 

盲導犬のイメージが強いですが、そのおだやかな性格や
愛嬌のよさから、ペットしてもとても人気があります。

 

小さい子や他の犬ともすぐに仲よくなることができますよ。

 

そんなラブラドールレトリバーの値段はどのくらいなのでしょうか?

 

ラブラドールレトリバーを飼いたい!値段は一体・・・?

 

 

ラブラドール2〜3ヵ月の子犬の販売価格は
平均すると200,000円前後のようです。

 

ただしペットショップやブリーダーにより幅が大きいです。
150,000円くらいのところから、250,000円ほどのところまでさまざま。

 

血統や健康状態により販売価格は変わるので、
ペットショップやブリーダーのところに足を運んで、
納得の上で購入するのがいいですね。

 

ラブラドールと一口に言っても種類がある?家庭犬に向くのは?

 

 

一口にラブラドールと言っても、大別すると2つの種類があります。

  • ショードッグタイプ
  • フィールドドッグタイプ

です。

 

ドッグショーの出場が目的のショードッグタイプは、温和な性格のため
ペットや盲導犬、介助犬に向いています。

 

フィールドドッグタイプはスリムで運動能力が高く、
フリスビードッグやハンティングに向いた犬種です。

 

一般的にペットとして飼われるラブラドールはショードッグタイプです。

 

どちらが主流とか非主流ということではなく、
どちらのタイプも認められ、広く愛されています。

 

ラブラドールを飼う際は知っておいて損はないでしょう。

 

色は3種類!一番値段が高い色は?

 

 

ラブラドールレトリバーには

  • イエロー
  • ブラック
  • チョコレート

以上3種類の色があります。

 

日本で一番多いのはイエローですが、アメリカでは
ブラックが多いようです。

 

チョコレートは最も歴史が浅く、瞳の色が独特でキレイですね。
うちで最初にパピーウォーカーをやったときに預かった子が
チョコレートの女の子でした。

 

チョコレートの出現率は低いため、やや販売価格は高いようです。

 

買ったら終わりではない!飼う費用も考えて

 

 

十分承知しているとは思いますが、犬を飼うにはお金がかかります。

 

ラブラドールをペットショップやブリーダーから買うのは、
これからの生活の始まりにすぎません。

 

子犬を迎える際には食器、リード、首輪、ハウスなど
初期費用がかかります。

 

毎日の食費、おやつ代、トイレシートも必要です。

 

さらに医療費、予防接種、必要なら保険、さらには
家財道具を壊された時のお金なども必要です。

 

大型犬のラブラドールは小型犬より食費がかかりますし、
パワフルなのでものも壊れやすいです。

 

以上も含め犬を飼うなら10年以上のスパンで費用を
考える必要があります。