ラブラドール 食糞

ラブラドールレトリバーの食糞が治らない!その原因と5つの対策

 

犬の飼い主さんの大きな悩みに食糞があります。
自分や他の犬のウンチを食べてしまうことです。

 

パピーウォーカーで預かったラブラドールは食糞を
することはありませんでした。

 

でも食欲旺盛なラブラドールなら、ウンチを食べる子は
少なくありません。

 

ここでは食糞の原因と解決法について解説します。

 

ラブラドールレトリバー意外の犬種を飼っている方も参考になります。

 

ラブラドールがウンチを食べちゃう!?その原因とは?

 

 

食糞はしつけのなかでもむずかしいといわれています。
でもまずはその原因を知ることで対策をとることができます。

 

まず犬が食糞をする原因をご紹介します。

 

食事の量が足りない

 

 

食事の量が足らず、空腹を満たすためウンチを
食べてしまうワンちゃんがいます。

 

ラブラドールは特に食いしん坊ですから、決められた量の
フードを食べてもお腹が空いて、食糞してしまう子がいます。

 

興味や好奇心で食べてしまう

 

 

特に子犬は好奇心旺盛です。

 

視界に入るものすべてに興味を持ちますから、
ウンチにも興味を持って食べてしまうことがあります。

 

遊びの一環としてウンチを食べることもあるようです。

 

飼い主の気をひくため

 

 

飼い主の家族が初めて食糞の現場を見たときに
「きゃー!」と大騒ぎしてしまいがちです。

 

この反応を見て犬は「飼い主が喜んでいる!」と感じてしまい、
次も飼い主の気をひくために食糞をしてしまうことがあります。

 

退屈な時

 

 

留守番に退屈してしまって食糞をする子がいます。
また遊びや散歩が足りずにウンチを食べる場合もあります。

 

食糞をやめさせる具体的な方法

 

 

原因がわかったところで、今度は食糞をやめさせる
具体的な方法、解決法をご紹介します。

 

ウンチをすぐに片付ける!

 

 

まず犬がウンチをする場面を見たらすぐに片付けてしまいましょう。

 

外飼いの犬ならむずかしいですが、室内犬ならできるでしょう。

 

犬がウンチをしたらホメて、おやつをあげてその間に
片づけるものいいです。

 

ウンチをしたらいいことがある、と犬が理解したら
食糞は減っていきます。

 

食事を見直す!

 

 

食事の量が足りていない場合、食欲旺盛なラブラドールは
ウンチを食べてしまうことがあります。

 

食事量が足りているか、見直しましょう。

 

またドッグフードを良質なものに替えると、
食糞が治るケースもあるようです。

 

トイレを失敗しても叱らない!

 

 

小さいころ、トイレを失敗した際叱られてしまったことが
心の傷になり、ウンチを食べてしまう子がいます。

 

トイレトレーニングの基本は叱らないことです。

 

できたらホメる、失敗しても叱らない!

 

トイレはあせらず教えていきましょう。

 

食糞しても騒がない!

 

 

犬がウンチを食べたのを見かけて、飼い主や家族が
騒いでしまうと、犬は「飼い主が喜んでいる!」と
勘違いしてしまうことがあります。

 

食糞の場面を見ても落ち着いて、先にご紹介した方法を
試してみましょう。

 

犬を退屈させない!

 

 

散歩や遊びが足りない、退屈な時間が長いなどが原因で
ウンチを食べてしまう場合は、散歩やあそぼの時間を多めに取り、
犬のエネルギーを十分発散させてあげましょう。

 

まとめ

 

 

食糞の原因はさまざまで、子犬の場合時間が経過すると
治ることもあります。

 

一方成犬になっても続くことがあるので、根気強く
いろいろな方法で対策していきましょう。