ラブラドールレトリバー どんな犬

ラブラドールレトリバーってどんな犬?どんな人にオススメ?

 

ラブラドールレトリバーってどんな犬なんでしょう?

 

小型犬がブームの日本では、ラブラドールは盲導犬の
イメージが強いかもしれません。

 

でも大型犬の中ではゴールデンレトリバーと人気を二分
するのがラブラドールレトリバーなんです。

 

ラブラドールが登場する映画やドラマも多くありますね。

 

管理人は盲導犬のパピーウォーカーとしてラブラドールを
育てた経験があり、その魅力を十分理解しています。

 

ラブラドールの歴史、特徴、性格、さらに

どんな人におすすめの犬かについて解説します。

 

最良のパートナー!ラブラドールレトリバーの?

 

 

盲導犬のイメージが強いラブラドールですが、その祖先は
水辺で漁師の手伝いをしていた歴史があります。

 

水辺で網を引っ張ったり、網からこぼれて魚を回収したり、
と漁師たちを助けていました。

 

その後19世紀には、狩猟を楽しむ貴族を手伝う
猟犬として活躍するようになりました。

 

ラブラドールレトリバーは運動能力が高いうえ、献身的な
性格なため猟犬として活躍できたんです。

 

現在ではその能力を生かして盲導犬や災害救助犬、
介助犬などとして活躍。

 

人を助けるのが得意な犬なんですね!

 

ラブラドールレトリバーってどんな性格?パピーウォーカーの経験から

 

 

私はパピーウォーカーをする前、ラブラドールはおとなしくて
やさしく、お利口で飼いやすい犬、というイメージがありました。

 

なんと言っても盲導犬になれる犬ですから。

 

ところがそのイメージはすぐに覆されました。

 

パピーの頃のラブは一言でいえば破壊王!
やんちゃでいたずら大好き!いろんなものが壊されました。

 

トイレを覚えるのも時間がかかり、最初はホントに大変でした(^^;

 

でも生後7カ月ごろから少しずつ落ち着いついてきて、
1歳になって返すまでは穏やかな日々が過ごせました。

 

ラブラドールは人が大好き!だれとでも仲よくなれる!

 

 

ラブラドールレトリバーと過ごして感じたのは、
ラブラドールは人が大好き!ということです。

 

来客があると、初めての方でも物おじせず近づいて、
すぐに仲よくなります(犬きらいの人でなければ)。

 

また散歩中に犬好きの子どもに囲まれても、
その子たちともすぐにお友だちになってしまいます。

 

だから飼い主もいっしょにいられて楽しい!と思える
存在になれる犬種なんです。

 

ラブラドールレトリバーはこんな方におすすめ!

 

 

1歳までですがラブラドールの女の子と生活をしました。

 

その体験からこんな方にラブラドールをオススメします。

 

愛犬とアクティブに楽しみたいアウトドア派の方!

 

もともと猟犬のラブラドールレトリバーはアウトドアが大好き。
飼い主さんもアウトドアの方が相性がいいでしょう!

 

飼うのは室内でいいですが、休日は活発で運動好きな
ラブラドールを山や川、海、ドッグランなどに連れていってあげましょう。

 

そして飼い主さんも犬と一緒に楽しみましょう。

 

ラブはとても喜びますし、飼い主さんの生活もより充実したものになります。

 

最初は大変ですが、しっかりしつけをするとラブラドールは
最良のパートナーになってくれます。

 

運命の子と巡り会ってくださいね。