ラブラドールレトリバー 子犬 しつけ

ラブラドールレトリバー子犬のしつけ!待てを教える!

 

盲導犬センターでパピーウォーカーをしたとき、
sit(おすわり)、アイコンタクト、down(伏せ)、wait(待て)を
最初の段階で教わりました。

 

盲導犬に限らず、犬が人間社会で安全に生きていくためには、
「待て」を覚えるとことは必須です。

 

今回はラブラドールに待て!を教える方法をご紹介します。

 

何度も練習してどんな環境でもできるようにしましょう!

 

「待て」ができるとこんなに助かる!待てを教える意味とは?

 

 

パピーウォーカーで預かっていたチョコラブが生後6ヵ月に
なったころ、犬が参加できる大きなイベントがありました。

 

そのころまでに伏せをして待っていられるようになっていたので、
イベント中とても助かった記憶があります。

 

ドッグカフェに行った時、犬が静かに待っていれば飼い主さんは
ゆったり時間を過ごすことができます。

 

散歩中の車の往来が激しい場所で待っていられれば、
犬自らの安全を守ることもできます。

 

見知らぬ犬に遭遇した際、待っていられればよけいな
トラブルを避けることもできますね。

 

犬が待てを覚えることは、犬が社会の中で快適にしかも

安全に過ごすのに必須と言えます。

 

待てを教える前に!掛け声(コマンド)を統一する

 

 

子犬に待てを教える前に、家族内で掛け声(コマンド)を決めましょう。

 

「待て」に限ったことではありませんが、犬に指示を出す際、
そのたびごとに掛け声が違っては犬が理解できません。

 

掛け声は「待て」でもいいですし、英語で「wait(ウエイト)」でもいいです。

 

ただし英語にするならすべてのコマンドを英語にするのがいいかもしれません。

 

盲導犬候補の子犬を預かっていた時は、sit(おすわり)、down(伏せ)、
come(おいで)などを使っていました。

 

飼い主が使いやすく、犬も理解しやすいことばがいいでしょう。

 

ラブラドールの子犬に待てを教える!具体的な方法は?

 

 

ここでは「待て」のしつけ法についてご紹介しますが、
「待て」はおすわり伏せができた後に教えるといいです。

やり方は以下の通り。

 

  1. おすわり、あるいは伏せをさせる
  2. 待て!と声をかけ、犬の目の前に手のひらを出す
  3. 最初は1秒でもじっとしていられたら、おやつをあげてホメる
  4. 徐々に動かない時間を長くしていく

いきなり10秒とか15秒はできません。
最初は1秒でも2秒でもできれば十分です。

 

できたら思いっきりホメてあげましょう!

 

盲導犬センター直伝!待てのトレーニング上級編

 

 

これはパピーウォーカーの頃、研修会でよくやっていた訓練です。

 

  1. 犬におすわりをさせる
  2. ウエイト!と声をかけ、2,3m下がる
  3. 2,3mの距離を保ちつつ、犬のまわりをゆっくり1周回る
  4. ときどきウエイト!と声をかけることを忘れずに
  5. 犬の正面にもどったら、OK!カムといって犬をこちらに来させる

 

これを周りに人や犬がいるパピーウォーカー研修会でやっていました。

 

どのワンちゃんもできるようになっていましたよ!

 

ここまでできれば待ては完璧です。

 

失敗しても叱らず地道にトレーニングしていきましょう。