ラブラドールレトリバー 子犬 しつけ

ラブラドールレトリバー子犬のしつけ!おすわりを教える!

 

これから犬ととの生活をスタートさせる方も、すでに犬を
飼っている方も、犬のしつけは最も関心のあることだと思います。

 

家族と仲よく平和に暮らしていくためにも、まわりの方や他の犬と
トラブルを起こさないためにも、愛犬のしつけはしっかり行いましょう。

 

それが愛犬を守ることにつながります。

 

犬を飼い始めたころに教えることに「おすわり」がありますね。

 

私が盲導犬のパピーウォーカーをやっていたときも、
アイコンタクトの練習をするとき、まずおすわりをさせていました。

 

ここではおすわりのしつけについて解説します。

 

おすわりを教える理由は?おすわりの必要性

 

 

飼い主からの指示があったらすぐに犬が後ろ足をたたんで、
腰を下ろした状態になるのが「おすわり」です。

 

「おすわり」はすべての訓練の基本となる動作です。

 

例えば「待て」をさせるにもまず「おすわり」をさせますし、
食事の際もまず「おすわり」をさせてからあげます。

 

また飼い主が出した「おすわり」の指示を犬が守れれば、
犬の問題行動を抑えることができ、思わぬトラブルを
回避することができます。

 

パピーウォーカーの経験から「おすわり」と「アイコンタクト」は
しつけの基本になるものと感じています。

 

パピーウォーカーはいつからおすわりを教える?覚えがいい時期は?

 

 

参考までに私がパピーウォーカーをやったとき、生後2ヵ月から
パピーウォーカー研修会に行って「おすわり」と「アイコンタクト」の
やり方を教わりました。

 

おすわりをさせて、犬を意識をこちらに向けるトレーニングを
自宅でしていました。

 

小さいころはうまくできず、生後3ヵ月を過ぎたころから
どんどんできるようになっていきましたね。

 

生後2ヵ月ごろから始めてもいいですが、3ヵ月を過ぎると
吸収は早くなる、という印象です。

 

ラブラドールの子犬におすわりを教える!やり方は?

 

 

まず愛犬が好きなおやつを用意します。
犬の意識をこちらに引きつけるためです。

 

普段食べているフードでもいいです。

 

やり方は

 

  1. 犬の正面に立ち、犬の名前を呼びかける
  2. おやつを1粒を手に持ち、犬に見せる
  3. 「おすわり!」「シット!」と声をかけ、おやつを犬の鼻先から頭上に持っていく
  4. 犬が腰を下ろして、おすわりの姿勢になったらホメておやつをあげる

 

もしおやつを犬の鼻先や頭上に持って行っても、犬が腰を
下さなかったら、犬のお尻を上から下に軽く押してみましょう。

 

上から軽く押すだけでおすわりの姿勢になるでしょう!

 

またおすわりが確実にできるようになったら、おやつは必要なくなります。
ホメるだけでOKです!

 

おすわり?すわれ?sit?号令はどうする?

 

 

パピーウォーカーのときはsit(シット)!と声をかけて
おすわりをさせていました。

 

家庭犬の場合、号令は「おすわり」「すわれ」「sit」
どれでもいいでしょう。

 

ただし家族全員が共通の号令を使うことが大切です。

 

号令(コマンド)がバラバラだと犬が混乱してしまいますからね。

 

おすわりに限らず、待て、伏せなどの号令は、家族全員で
同じ言葉を使うように決めておきましょう。

 

できなくても叱らない!できたら思いっきりホメる!

 

 

おすわりに限らず、ふせ、待てなどを教える際は、
できなくても叱らないことが大切です。

 

あせらずじっくりできるようにしていきましょう!

 

そしてできたら犬がしっぽを振って喜ぶくらい、
思いっきりホメてあげてくださいね。